2015年11月30日月曜日

岩手って旨んまいーねっ その6

〒020-0022 岩手県盛岡市大通1丁目11−20

■楽酌 Nishi


盛岡大通の裏路地1本入った通りに、盛岡の昼夜を支える粋なおぢさん達で連日賑わうお店があります

こちらの女性オーナーの出身地である九州テイストのお料理も並びつつ、素材はしっかり岩手のもので東北の人の口に合う食べ飽きない品々が季節により登場します




この日のお通しは鶏団子のつみれと凍豆腐の煮物

画像失念がいーん

凍豆腐からじゅわわっと溢れ出るすっきりしたお出汁が滋味深く、いよいよ冬に両足突っ込んだ風の冷たい夜にほっと嬉しい

つみれもふんわり柔らかく中まで出汁が染み染み


この日は人生の先輩方とあーでもないこーでもないと長居して、色々注文したので全ての画像を撮ってませんが「お通しが美味しいお店は何食べてもハズレなし」の格言通り、お料理全般が本当に美味しい





出汁巻き玉子

側はしっかりめに焼き上げられ中はしっとりふっくら
小エビとネギのアクセントが効いた酒のおつまみとしての玉子焼き








秋刀魚の明太子焼き

岩手県人なら秋刀魚は素材まんまの塩焼きか刺身、となるところですが、青魚のふかふかの身と脂に明太子のピリッと感がマッチングしてこれは絶品なり

強めの味の妙






昭和のナポリタン


他に注文した、たらきく天ぷら、ぶりカマ焼き、味噌もつ煮などなど、全体的には優しいお味のメニューの中で、これはむしろガツンとジャンク

タコさんウインナーに至るまで完全に誰しもが脳内に描く徹底的に想像通りのケチャップ味

これこれ、これがいい

だっておっさんは、お昼の弁当のおかずの下敷きになってるぽそぽそだらしない薄味の付け合わせスパゲティは仕方なしに口にしても、あえて日中にナポリタンは食べないもの


そう、おっさんがナポリタンを食べる機会は実は夜なのです
食べるとあの日?のどこか?へ帰りたくなる郷愁を覚えつつ

このメニューの振り幅がまた酒飲みには嬉しいものなんですな




ちょっとライトダウンした小綺麗なコンクリ打ちっぱなしの店内で、こまめにおかわり聞いてくれたりおしぼり変えてくれる美人店長と気の効く女性スタッフ、笑うと人の良さがにじみ出るスキンヘッドのマスターのコンストラストがまた面白い飲み処です


■営業時間

17:00~24:00(L.O 23:30)

■定休日

日曜日・祝日


0 件のコメント:

コメントを投稿